国際離婚をする、その前に

国際離婚の戸籍と苗字について

国際離婚の戸籍と苗字について

国際離婚において、戸籍と苗字は日本人同士の離婚とは若干異なります。

 

国際離婚において、戸籍はどうなりますか?

国際結婚する段階において、日本人のあなたを筆頭とする新しい戸籍が作られています。
配偶者は、その中の「婚姻」の欄に、氏名や生年月日、国籍が記載されています。
そして、子供たちはその下の出生の欄に、記載があります。
国際離婚においては、「婚姻」の欄の下に、「離婚」の欄が設けられ、そこに記載されるだけです。
ある意味、シンプルな形で済むと思います。

 

国際離婚において、国籍はどうなりますか?

原則、国籍の変動は全くありません。
貴方が日本人ならば、結婚しようが離婚しようが、日本人のままです。

 

国際離婚において、苗字はどうなりますか?

国際結婚をした当時、外国人の苗字に変更したかどうかによります。
苗字の変更をしなかった場合(結婚時、日本の苗字)
そのまま、何も変わらず、自分の苗字を名乗りましょう。

 

婚姻して6か月以内に、外国姓に変更した場合

市役所で、氏の変更届を提出します。(離婚後3か月以内)
婚姻前の苗字に戻ることが可能です。

 

婚姻して6か月以降に、外国姓に変更した場合

氏を変更した時、家庭裁判所に行き、氏の変更届をしています。
そのため、届出では氏が変わることが出来ず、
必ず家庭裁判所に再度氏の変更を申し立てます。

 

子どもの苗字はどうなりますか?

子どもは戸籍筆頭者の苗字を名乗ることになります。
従って、苗字の変更をしなかった場合はそのままで大丈夫です。
苗字の変更をする場合は、母の「氏の変更届」と同時に、「同籍する旨の入籍届」提出します。

 

-国際離婚をする、その前に

Copyright© オリ行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.